▼韓国ドラマ「か」か行韓国・アジア韓国ドラマ

韓国ドラマ「カーテンコール」アマゾンプライムで配信中!無料で見る方法・感想・あらすじ・キャストを紹介

カーテンコール,動画韓国・アジア
スポンサーリンク

引用:Amazonプライム・ビデオ

カン・ハヌルさん、ハ・ジウォンさん共演の韓国ドラマ「カーテンコール」

韓国と同日配信が決定し、アマゾンプライムでの視聴が可能となりました。

アマゾンプライムの新規トライアルを利用すれば、無料で「カーテンコール」が視聴できます

0円でドラマを見たい!という方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

また、韓国ドラマ「カーテンコール」のあらすじやキャストについてもまとめています。

〈Amazonプライムビデオ〉実質無料で見る方法

 新規会員登録で実質0円!
 30日以内の解約なら無料OK!
 月額は500円(税込)
 年額なら4,900円(税込)!
 オリジナルコンテンツも充実
 プライム会員なら動画以外にもAmazonミュージック、Amazonフォト、送料無料などお得な特典がたくさん

韓国ドラマ「カーテンコール」のあらすじ・作品詳細

あらすじ

1950年の朝鮮戦争時代。米軍による「興南撤退」で離れ離れになってしまった家族がいた。

船で撤退に成功したグムスン(ハ・ジウォン)は、人々が休める場所を作ろうと小さな宿「楽園」を始める。

事業は拡大し、いつしか韓国を代表するホテルチェーンへと成長した。

しかし、グムスン(コ・ドゥシム)は余命3ヶ月を宣告され、残された時間はいくばくもない。

グムスンが成長させた楽園グループは、孫娘のセヨン(ハ・ジウォン)の力で新ホテルのオープンを迎えていた。

しかし、孫息子のセジュン(チ・スンヒョン)はホテルの売却を企み、兄妹間で対立が深まっている。

グムスンの力によってホテル楽天の売却騒動は一旦落ち着きをみせるが、グムスンの心にあるのは「興南撤退」で離れ離れになった息子と、その息子が連れていた小さな孫のことだった。

息子ヨンフンが他界してしまった今、孫息子はどうしているだろうか……。

そんなグムスンの胸中を知る秘書のサンチョル(ソン・ドンイル)は、やっとの思いで見つけ出したグムスンの孫が、麻薬の密売人になっていると知る。

「グムスンに本当のことなど、とても言えない」と悩んだサンチョルは、とある地方劇団にいる無名役者ユ・ジェホン(カン・ハヌル)に声をかける。

“身代わり”をしてみないか?人生を変える美しい大舞台で

作品詳細

放送年/日本公開日2022年10月31日
原題커튼콜: 나무는 서서 죽는다(カーテンコール:木は立って死ぬ)
監督ユン・サンホ
脚本チョ・ソンゴル
放送局/制作KBS
スポンサーリンク

韓国ドラマ「カーテンコール」のキャスト

韓国ドラマ「カーテンコール」に出演しているキャストはこちら

韓国ドラマ「カーテンコール」のキャスト一覧

ユ・ジェホン 役カン・ハヌル
パク・セヨン 役ハ・ジウォン
チ・グムスン 役コ・ドゥシム/ハ・ジウォン(過去)
チョン・サンチョル 役ソン・ドンイル
ペ・ドンジェ 役チョン・ジソ
パク・セジュン 役チ・スンヒョン
ヒョン・ジウォン 役ファンウ・スルヘ
パク・セギュ 役チェ・デフン
ユン・ジョンスク 役ペ・ヘソン
ホン・ラギョン 役キム・ヒョンスク
ソン・ヒョジン 役チョン・ユジン
キム・スンド 役ソン・ジョンハク
チャン・テジュ 役ハン・ジェヨン
リ・ムンソン 役ノ・サンヒョン

韓国ドラマ「カーテンコール」の感想

北朝鮮から逃れてきたお祖母さんと、その孫息子のフリをする青年、そしてその青年と恋に落ちる孫娘。

というお話。

1話の冒頭で1950年の「興南撤退」が描かれるんですが、「わぁ!規模が!」と関心してしまう出来栄え。

一気にドラマの世界に引き込まれてしまいました

1950年のパートで、グムスンの生き別れてしまった夫をカン・ハヌルさんが演じているんですが、彼の発する「生きろ!」の一言だけでも泣きそうに。

カン・ハヌルさんって、「命が太い」って感じしません?

そのずどーんと芯を貫く生命力が、溢れに溢れまくっている役柄で本当にぴったり。

現代パートでは、グムスンの孫息子のフリをすることになった無名の役者ユ・ジェホンを演じています。

普段とフリの時が全然違うので、これもまたカン・ハヌルさんの凄さを感じてしまったポイントでした。

年老いたグムスンとの再会前に、孫息子役を作り込んでいくユ・ジェホン

彼にとっては役を生きるための準備でしかないのですが、きっとここから先、役のハズだった孫息子の人生がユ・ジェホンの中に入り込んでくるんだろうな……と予感させる作りになっていて。

「これから絶対この人に泣かされちゃうよ!」と伝わってくるんですよね。

レトロな作りではありますが、その分かりやすさが、このドラマが描こうとしているお話にピッタリだなあと思いました。

また俳優陣が豪華で、有名作からの再共演だったり、「あの人とあの人が!」という楽しみ方が出来るのも楽しかったです!

個人的には「椿の花咲く頃」のファンなので、カン・ハヌルさんとグムスンを演じるコ・ドゥシムさんの元親子共演に胸が熱くなりました!

韓国ドラマ「カーテンコール」評価や評判

スポンサーリンク

韓国ドラマ「カーテンコール」無料で見るならアマゾンプライム!プライム以外の視聴方法も!

韓国ドラマ「カーテンコール」の日本語字幕付きは、アマゾンプライムで独占配信されています!

プライム会員に新規登録をすれば、30日間無料でプライム対象の作品を見られます。

そのため、「カーテンコール」も実質0円で視聴が可能!

0円で見る手順は以下

1. アマゾンプライム新規会員登録ページから、アマゾンプライム会員になる
 
2. 「カーテンコール」のページにアクセス
 
3. 30日以内に解約ページからトライアルを解約する

もし、すでにプライム会員になった履歴があって、新規トライアルを受けられない人は楽天Vikiの利用も検討してください。

ただし、2022年11月1日現在、楽天Vikiの「カーテンコール」には日本語字幕が付いていません。

しかし、いずれ日本語字幕が付けば楽天Vikiの無料トライアルが受けられますので、ぜひチェックを!

本サイトでも楽天Vikiの「カーテンコール」に日本語字幕が付いたら、随時更新していきますね。

まとめ

カン・ハヌルさんの新作ドラマ「カーテンコール」。

役者陣の演技力が存分に伝わってくる内容なので、無料で見られるのであればぜひ視聴してみてください。

なんだか泣けそうな雰囲気が凄い伝わってくるので……。

今から最終回がとても楽しみです。

→アマゾンプライム・ビデオの新規登録はこちら

本ページの情報は2023年2月8日時点のものです。
最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました